Recent Comments

Recent Trackbacks

My Photo

« 和歌山市のバスラーメン (あての無い旅に出る 2nd Season(外伝2)) | Main | あての無い旅に出る 2nd Season(その4) »

あての無い旅に出る 2nd Season(その3)

5月5日(土) 10:00

3日目、和歌山市辺りに宿を取っていたので、この日は和歌山市から和歌山まで歩きます。

和歌山駅からは、コレは外せない、この電車に乗って参りました。

Tn_img_5855
和歌山電気鐵道「いちご電車」

Tn_dscf0396Tn_dscf0397Tn_dscf0402
車内もシュールにいちご柄で埋まっています。

本当はこの電車に乗って、終点の貴志駅の駅長に会いに行こうと思ったのですが、都合により断念。仕方なく折り返します。

和歌山に戻ると今度は、阪和線で大阪を目指します。

ん・・。でも地図を見てみるとローカル線を横断するようです。
阪和線では連絡がないため、交差最寄りと思われる、和泉橋本で急遽下車。

Tn_dscf0443
10分程度歩くと、そこは水間鉄道の石才駅でした。
例によって無人駅。暫く待つと、東急の7000系がやって参りました。

Tn_img_5914
いや、実際は、東急7000系そのものを改造した、水間鉄道の1000系です。
先日までほぼ7000系の姿で走っていたのを改造したそうです。

Tn_img_5895
ゴールデンウィークの真っ最中にもかかわらずに改造作業が行われていました。

Tn_img_5906
終点の水間には改造前の7000系が一編成だけ無改造で放置されていました。

Tn_dscf0461
改造されても釣り革の広告だけは SHIBUYA109のまま。


さて、水間鉄道の寄り道を終え、今度は逆の終点の貝塚まで戻ります。
ここからは南海電車に接続していますので、コレに乗って一気に大阪、難波に一直線。

Tn_dscf0465
ラッピングされてますね。

ただ、大阪近辺は以前にも来たし、出張でもよく来るのでパス。
一気に離れられる経路を探します。

ありました。特急ではないのに妙に高速移動する列車が・・。
姫路から米原まで走っている新快速がそれ。

これに乗れば、大阪から京都、大津をぬけて、JR東海の接続点で有る米原まで一気に行けてしまいます。米原まで行けば、初日に使った青空フリー切符でまた豊川まで入れます。
今日は、既に16:00もまわっているので、そろそろ宿を決めないと、初日の失敗を繰り返す事になります。ある程度あたりを付けます。

草津・・。すぐ着いてしまうので問題外、彦根・・。ひこにゃんが良いけど、これもすぐ着いてしまいます。草津線通って亀山・・って初日に来たし!!。

とりあえずすぐ着いてしまうので、一端草津で降りて、草津線に乗り換えます。
ここで、一考。途中の貴生川駅から、二つの鉄道に接続が有ります。

1社は信楽高原鉄道、もう一つは、近江鉄道。既に17:00なので明るい時間の関係で、このどちらかをあきらめないとなりません。

結局

Tn_img_5936
近江鉄道に乗って延々と、ひこにゃんの彦根に来ちゃいました。(^^;)

Tn_dscf0522
もちろん、深夜に彦根城に行ってみましたとも!! 開いてませんでしたが・・orz

そういえばひこにゃんは当初彦根城築城400年祭のキャラクターだったのですが、あまりの人気のため、イベント終了後は市のキャラクターに昇格の方針とかw

« 和歌山市のバスラーメン (あての無い旅に出る 2nd Season(外伝2)) | Main | あての無い旅に出る 2nd Season(その4) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55109/16118683

Listed below are links to weblogs that reference あての無い旅に出る 2nd Season(その3):

« 和歌山市のバスラーメン (あての無い旅に出る 2nd Season(外伝2)) | Main | あての無い旅に出る 2nd Season(その4) »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ