Recent Comments

Recent Trackbacks

My Photo

« July 2006 | Main | September 2006 »

水曜どうでしょう祭が渋谷にやってくる「水曜どうでしょうEXPO」開催!!

HTBの北海道ローカル番組だった「水曜どうでしょう」
東京でも昨年の10月から東京MXで放送が始まってますし、他の県でも地方局が放送してますからもはや、説明するまでもないでしょう。説明省略w


昨年は、会社を休んでの強行軍で札幌まで行きました。でも日程の都合で3日間のうち最初の1日だけ・・。

「水曜どうでしょう祭 UNITE2005」

Tn_dscf6085藤村Dかタコ星人のお面は必須アイテム??

じつは、すごくおもしろかったんです。
次もあったら絶対にフル日程で行こうって決めていました。

今年は番組開始10周年の記念もあるので、きっと何らかの祭があるに違いないと
確信していました。

ちょっと前から藤村Dが、ホームページになんかやるようなことを書いているので気にして居たのですが、今日遂に発表されていました。

「水曜どうでしょうEXPO 渋谷パルコ小祭(こまつり)」


会場はなんと東京の渋谷!!!
「パルコPART3」の「パルコ・ミュージアム」


ここに、昨年間祭会場を再現して、各種ロケ小物を展示とのこと。
このあたりは、昨年のアイスアリーナ会場の再現になる??
Tn_dscf6089


当然

Tn_dscf6073ウイリーします・・。
これや

Tn_dscf6110フィヨルドの恋人・・・。
あのかた。

も来るでしょう。

楽しみ~

日程は9月29日(金)~10月9日(月・祝)の11日間。
基本的には展示中心なのかな・・・

でも

ホームページには書いていなかったけど、勿論、トークショーもあるんですよね!!!!
強く希望!!!絶対見に行く


追記:こまつりのページができたようなのでリンクしました。
   あと、どうでしょう班が2006年の新作のロケに出かけているようですね。どこにいったのかな。

ショック! カシオペア休止!

カシオペアが運行休止に・・・・

ではなかった。
JR東のカシオペアが運行休止になることは天気の具合などで時々あるけどそんなことではなくて、

大好きなフュージョンバンドのカシオペアが突然活動休止を発表してしまいました。

今年1月に東京のライブを見に行って、このブログにも「次回も行こう」って書いていたのにもう無いなんて信じられません。

日本国内だと、1月25日の札幌が最後となってしまいました。
(海外も含めれば、6月末に韓国でライブがありました。)
こんな事なら当日札幌に居たので行けば良かった。

東京会場のライブに行っていたのがせめてもの救いか。


毎年楽しみにしていた新譜ももう出ないとのこと・・。(T_T)


理由はリーダー野呂一生の意向とのことですが、必ず復活することを信じていますよ~。

あての無い旅に出る(その7)

7月9日(日)

今日は、夕方に広島空港発の飛行機が取ってあるので、今までのような無茶はできません。今のところそんなに天気は悪くないですが、昨日の影響が何処で出るか判りません。

昨日は非電化単線区間での天候による影響の大きさを実感してしまったので、急遽比較的天候が悪化しても影響の少ないルートで行くことにしました。

最初は木次線、芸備線を乗り継いで行こうかとおもったのですが、上記の理由により断念。伯備線で倉敷まで出る事にしました。このルートなら電化されているし特急やくもも頻繁に出ているので、そう簡単には運行中止にはならないでしょう。

ただ、このルートだと早く着きすぎてしまうので、ちょっと一畑電車で出雲大社に参拝してみることにしました。

Tn_img_3523
元京王と元南海の電車にこんなところで会うとは・・・

Tn_img_3538Tn_img_3532右は出雲大社前駅です。
出雲大社の前に来てみました。(時間の関係で、前に来ただけで中には入っていない)

Tn_img_3529
ここからは、この電車にのって行きます。昨日の天気が嘘のように晴れています。
(・・実はこの車両、一週間後に土砂崩れに突っ込む事になります。(後日談))

終点の松江しんじ湖温泉駅からJR松江駅までは結構離れていますが、バスが有るので大丈夫。

Tn_img_3594
松江からはやっと山陰本線に戻って米子まで行きます。だいたい30分程度。

Tn_img_3628
米子では、境港線の鬼太郎電車がお出迎えです。水木しげるの出身地ってことで境港線の各駅には妖怪の名前がついているそうです。ちなみに米子駅は「ねずみ男」駅です。
Tn_dscf9330

あとはひたすら伯備線で倉敷を目指します。昨日とは打って変わって特にダイヤが乱れそうな要因も無いので普通電車でのんびりと進みます。

Tn_img_3647
天気が良いので、大山もよく見えます。

で、予定通り広島空港から飛び立ち東京へ・・。今回の旅もおしまいです。


あてのない旅シリーズは本当に終わるのか・・?!。

あての無い旅に出る(その6後編)

7月8日(土)前編の続き

Tn_dscf9157復旧工事中・・
ちょっと前に火事で焼けてしまった下関駅舎を横目にいよいよ山陰本線に・・・

とおもったらいきなり雨のため一部運休で、小串から先がバスで代行運転中とのこと。
しかも、次の電車は運休でさらに一時間半後の電車まで待つしか無いとのこと。
ここはあきらめて、山陽線で厚狭まで進み、美祢線で山陰本線の長門市に出ることにしました。

Tn_img_3513美祢線の車両は一両です。

厚狭から美祢線で長門市に向かう途中、雨で徐行運転の区間が続きます。山陰本線での接続が不安です。

いやな予感は的中。本来は接続するはずの長門市から萩方面の電車は既に出発してしまっていました。

しかも次の電車は1時間後。
こんなところで時間が出来てもなにも出来ません。青海島観光でもしようかと思いましたが、1時間では中途半端だし、なにぶん雨の中回る気もしません。
仕方なく、次の電車に乗って今日何処まで行けるかを調べていました。

その結果、次の益田行きの電車に乗って2回乗り継げば山陰本線の真ん中を過ぎたあたりの出雲市まで行けることが判りました。早速、出雲市で宿確保完了。

Tn_img_3518
ちょうど次の列車が着いたので、出発。

Tn_dscf9195
雨が少しずつ強くなってきていますが、そのなか2両編成の気動車に乗って順調に山陰本線を進みます。

Tn_dscf9203
乗ってから数十分経って、東萩を過ぎたあたりで雨のため徐行するという車内アナウンスがありました。益田での到着が遅れて乗り継ぎに失敗しても、数本は後があるのでそれほど心配せずにいました。


ところが・・。

Tn_dscf9208
江崎駅に着いたところで、なんと列車が運行中止に!!!

別の線への接続も無く駅周辺にも何もないところに投げ出されてしまいました。
この時点で、この列車に乗っていた乗客は私も含め4名。

でも、JRの人がタクシーを手配して、駅前に呼んでくれました。

4人で1台のタクシーに乗って何とか益田まで到着。
Tn_dscf9211
益田発の列車に乗れば何とか間に合う時間です。

しかし・・。

ここでまたさらに列車が運行中止で、今日はもう出ないとの言うショッキングな事実が駅員から告げられます。既に21:00を回っています。

出雲市までは、順調にいっても電車で1時間以上かかる距離です。

途方に暮れていると・・・

「出雲市までタクシー出します」と駅員の声が・・オォォォォォォJR西日本太っ腹

・・って言うわけではなく、ここで取り残されると本当にどうしようも無くなってしまうと言う場合ならではの救済措置らしい。

でも直線距離でも110kmほどあり、悪天候も合わせると3時間近くかかると思われます。
Tn_dscf9216

益田-浜田間は、同乗のお客が一人いたのですが、そこからはタクシーの運転手と二人だけで延々と行きます。
Tn_dscf9222

途中でトイレ休憩なども取りながらひたすら出雲市を目指します。
タクシーの運転手さんの話だと、JRの運転中止でタクシーが手配されることは時々有るとのこと。

益田から広島空港まで行ったことも有ると言ってました。まぁ、直線距離で言えば出雲市も似たようなものですが・・(^_^;)

そして日も変わろうかと言うとき、やっと出雲市駅に到着です。
Tn_dscf9241驚異のタクシー代

やっと何か食べようかと思いますが・・、駅前で空いてそうな店がコンビニしかない。

Tn_dscf9248
結局、夕食はこれでした。


ん・・・まてよ。今回の旅の目的って・・・「山陰本線制覇」じゃなかったか?

ほとんどタクシーで来ちゃったよ・・・。(爆)

あての無い旅に出る(その6前編)

7月8日(土) ちょっと長くなるので、前編と後編に分けます。


翌日、天気はあいにく雨模様・・。
ただ、雨は弱く風などは少ないのですが、時々急に雨が強く降ることがあるような天気です。

昨夜遅くに小倉まで到着していたので、関門トンネルをくぐって下関に抜ければいよいよ山陰本線に入れます。

ただ、せっかくここまで来たので、ちょっと寄り道して、レトロな町並みで有名な門司港の街に足を伸ばします。
Tn_dscf9024Tn_dscf9033

また、ここには2003年に九州鉄道記念館がオープンしていますので、ついでによって見ました。
Tn_dscf9038正面です。9600形蒸気が出迎えます。

Tn_dscf9068キハ07
Tn_dscf9066581系(外観だけ・・。)

次にこのまま関門海峡をトンネルでくぐるのも芸がないので、船で渡ってみることにしました。本当はついでに巌流島に寄ってみたかったのですが、直行便が下関側からしか出ていないようなので断念。

Tn_dscf9140Tn_dscf9147
門司港から下関まで、船でたかだか5分の短い船旅です。

Tn_dscf9152
港から駅まで少し有るのでバスで行きます。

Tn_dscf9156Tn_dscf9162
下関でちょっと小腹が空いたので軽食をとります。(100円シェイクとバーガー一つ)
勿論何処かで駅弁でも買うつもりでしたので・・。

でも、この後12時間何も食べられなくなるとはまさか思っていませんでした。

続く

« July 2006 | Main | September 2006 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ