Recent Comments

Recent Trackbacks

My Photo

« April 2005 | Main | June 2005 »

これがベクトル地図? アルプス社 プロアトラスSV

デジタル地図ソフトには大きく2つのタイプがあります。
カーナビなどでよく使われるような、位置・道路等のすべてのデータを点と線で表現するベクトル地図、一方、純粋な絵として表現されているラスター地図があります。

一般に、ベクトル地図は回転拡大縮小が自由で、線で道路が表されるためにナビゲーションで扱い安く、カーナビなどでも普通に使われています。
一方ラスター地図は基本的に絵なので、データを縮尺ごとに持ち、データが大きく、回転なども出来ませんが、見た目がきれいで見やすい地図が作れるという長所がありました。

ベクトル地図は、ゼンリンやインクリメントPなどが主で、プロアトラスは、以前からラスター地図の大御所でした。(昭文社はベクトルとラスター両方入れてたな・・)

今年のプロアトラスでは、ついにそのラスターの大御所アルプス社が、ベクトル地図に参入です。

それが プロアトラスSV


しかも、なんとびっくり、ラスターの見やすさを持ったベクトル地図、「スーパーベクトル地図」だそうです。
サンプル画像を見ると、確かにいままでのラスター地図のような出力となっています。
これがベクトルとはかなりビックリです。

回転が出来ているのでやはりベクトルなのでしょう。でも、縮尺の無段階変更は出来ないみたい。今まで見たいに縮尺を選択するようになっているようですね。

W3からの対応しているGPSデータ活用なども引き継がれているようですね。
ただ、私としては、GPS軌跡データの表示の仕方ををもうちょっとカスタマイズできるようになっていると使いやすいのですが・・・。

まぁ、あまり使われていない機能なのかもしれませんが。

とりあえず早速予約・・。これでプロアトラスシリーズは9年連続新版に更新か?

そう毎年地形が変わるわけでは無いし、車に乗る訳でもないので毎年更新する必要は無いわけですが、ついつい買っちゃいます。

昨年は、アルプス社の民事再生法申請などで、ついにシリーズ終了かとがっくりしましたが、気合いの入った新作が出て予想外の驚きでした。今後はベクトルに移ったことで、さらに出来る範囲が増えましたね。

無段階の拡大縮小はPC性能の問題? 来年にもさらなる進化が期待されます。

小田急ロマンスカー、地下をゆく・・

本当は、PS3のネタを書こうとしていたのだが、思わぬ伏兵が・・。

今日リリースされたこれです。

小田急ロマンスカーの東京メトロ千代田線への乗り入れについて


なんと、ロマンスカーが千代田線に乗り入れてしまいます。

しかも、乗り入れ用に新型ロマンスカーを作るとのこと・・。
2008年春運行開始とのことなので、2007年秋には甲種回送か。

なんか、VSEデビューイベントが一段落したところで、狙ったように発表しましたね。

運行区間が、湯島~本厚木間とのこと。 

湯島始発とのことだが、何故綾瀬にしなかったのだろう。でも実際乗っていると判りますが綾瀬から大手町の間って結構すいてるんですよね。座席指定とのことなので混み始める直前で、なおかつ、折り返し設備のあるところということで、湯島になったと思われます。

追い越し設備が無いから、千代田線内各駅停車のロマンスカーとなりますね。きっと。
なんか間抜けですが。

当然地下鉄乗り入れ仕様となるので、2階運転台、連接車はあり得ないでしょう。
通常の20メートル車10両ですね・・・・。これってEXEぢゃん。

ただ、地下鉄を走るとなると前面は貫通が必須。EXEの貫通面みたいになるのかな。

で、気になる車両ですが、形式は空いている40000形か、はたまた千代田線にあわせて60000形か。35000形なんてのもあるかも。

愛称は勝手に・・「MeXE」

SE系は観光ロマンスカー、EXE系はビジネスライナー、みたいな位置づけがされて行くのではないかと予想してます。

この調子だと、現在置き換えが発表されている、10000形HiSEだけでなく、7000形LSE、20000形RSEさえも、一気に置き換えになってしまう可能性が高い。

さてどうなります事やら。続報が気になります。

« April 2005 | Main | June 2005 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ